第3回2019年 9月 1(日曜日) 於:森ノ宮医療大学作業実習室

川平先生をお迎えして大阪・奈良・京都合同研修会開催しました

みなさんの感想を少しですが紹介します。

・「川平法はセラピストにしてもらわないと無駄である」棒SNSで言われました。6年半前に発症したときに、友人からNHKで放送された川平法の番組を聞き、希望を持って二人三脚で上肢の機能回復にあたりました。全く動かなかった回復期。本の中からいくつかだけ毎日取り組み、反応が大きくなってきたときの喜びは今でも忘れません。この「川平法を自分達で」という勉強会と出会えて、生活期もモチベーションを保って少しずつですが機能的にも回復し、QOLも様々な工夫で高めることが出来ています。だから「無駄である」なんて、絶対に言われたくないと思いました。正しく動きの意味・構造を理解して、正しく動かすという事を、先生方に教わってからは、更に加速して回復しています。これからもよろしくお願いします。川平法を用いて治療して下さる先生方がもっと増えて頂けたらいいなぁと思っています。

 

・今日はたくさん見て頂いて有難うございました。うちわ制作のお手伝いを任命され、自分の麻痺右手がはさみを使えるようになっているのに気がつきました。2年7ヶ月になりましたが、川平法があり、先生方がいつも動かして下さったおかげです。まだあきらめていません。今回、主人も頑張ってくれました。全てに感謝です。ありがとうございました。

・いつもありがとうございます。とても活発な会となり、参加出来てとても良かったです。川平先生にご指導頂けて、とても緊張しました。施術側の位置、伸ばす方向、動かし方等、短い時間でしたが、先生が細かく指導して頂きました。うちは発症から10年経ちましたが、また頑張ろうと思いました。ありがとうございました。

・今日は仕事で諦めていたのですが、どうしても川平先生にお会いできる機会にと、何とか段取りをつけ…、でもあっという間に終わってしまい…、でもでも学ぶことがいっぱいで本人がすごく頑張っているのにびっくりしました。歩き方を教えてもらってかかとからの意識をすごく感じた様で、本当に良かったです。途中で川平先生に触れて頂いて、やり方を教えて頂くと、さっきまで動かなかったのが、すーっと不思議とうまくやれて、私も彼もビックリしました。やっぱりゴッドハンドですね、ほんと来れて良かったです。明日からの励みになりました。

「川平法を自分達で」大阪・奈良・京都開催 

脳卒中の新リハビリ法とは、NHKの「脳がよみがえる~脳卒中・リハビリ革命~』で紹介された促通反復療法(川平法)です。霧島リハビリテーションセンターで実際に研修を受けた先生方に片麻痺患者の家族などが指導を受け、自宅などで正しいリハビリを行って頂き少しでも機能回復をしていこうという研修会です。

 

脳卒中による片(かた)まひ(半身不随)は機能回復が困難とされてきましたが、鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンター前センター長・川平和美教授が、脳の神経回路を強化して機能回復を促進する新たなリハビリ法を開発されました。また、この度改定された脳卒中に関わるドクターの教科書とも言うべき本「脳卒中ガイドライン」でも国内で初めて効果があり[良いのでやることを勧める]と評価を受けました。

 昨今の介護制度改革では、今後、軽度(要支援)の方が通所介護を受けられなくなることが考えられます。この様な背景の受け皿としても「川平法を自分達で」は、今後期待される研修会です。

*詳細はメール等でお尋ね下さい。申し込みも下記へ

 

問合わせ先 『川平法を自分達で』中村英一朗

   メール  kawajibun@yahoo.co.jp

 

電話   06-6675-1894

携帯   090-5045-2623

住所    〒559-0005

         大阪市住之江区西住之江1-3-2-1004

© 2023 by Andi Banks. Proudly created with Wix.com                                                 Made by M.HIRAI